ブログトップ

神戸いきもの会議

ikimonokai.exblog.jp

カテゴリ:植物( 4 )

シロヨメナを見ながら・・・

神戸の郊外ではいろいろな野菊が咲いている
シラヤマギク、ノコンギク、ヨメナ・・・
これからリュウノウギクなども咲きだしてくる
花が少し小さくてかわいいイナカギクやシロヨメナの花が目立っている
この2種はとてもよく似ている
わたしはイナカギクが多いのだ。と思っていたが
近くで見るのはシロヨメナがすごく多くて
イナカギクを見るのは稀だ
六甲山上ではイナカギクをかなり多く見るが・・・
イナカギクは茎や葉に短毛が多く、葉の基部は茎を抱く
シロヨメナは茎や葉に毛がほとんどなく短い葉柄がある
いろいろな野菊が見ることができる神戸は郊外は
大都市に近いのに自然が豊かだ
      a0290706_2058617.jpg(投稿者 窪田)
[PR]
by ikimonokaigi | 2012-10-14 20:59 | 植物

ソメイヨシノの返り咲き

a0290706_6131879.jpg

季節外れに咲く花を、狂い咲き、馬鹿花、二度花、返り咲き、帰り花、返り花などいうが、
近くの丘でソメイヨシノの季節外れの開花を見た。
虫害で葉がほとんどなくなったり、台風などで葉が落ちてしまった時など、
落葉したのと同じ状況になり、時ならぬ開花を引き起こすらしい。
その他、気象の異変も要因の一つだろうが、近年は異常気象が多いから、
桜の木もさぞかし大変だろう。
(投稿:今給黎・撮影:2012.10.05)
[PR]
by ikimonokaigi | 2012-10-07 06:25 | 植物

オミナエシ

a0290706_17565828.jpg

棚田でアキアカネを探してみるが一向にその姿はない。
年々探しにくくなっているのを実感する。
がっかりしながらため池の周りを歩いていると、黄色い花が目を射る。
オミナエシだ。
こちらも次第に生育地が減少している。
草刈り場の減少、草地の管理の不徹底など、里山の崩壊がいきものの生育環境の衰退を引き起こしている。
(記事投稿:今給黎)
[PR]
by ikimonokaigi | 2012-10-02 17:59 | 植物

ヒガンバナが咲く光景

神戸市は大都会だが、田園地帯も多くある
田園地帯では今は稲刈りの真っ最中
実りの季節である
イネが色づいた横で真っ赤なヒガンバナが咲いてきている
秋の彼岸ごろにきっちり花が咲くヒガンバナ
ヒガンバナはどうして彼岸の時期を知るのだろう
と思う
今年は彼岸期間が過ぎた今からが
ヒガンバナの花の盛りを迎える
色づいた稲と真っ赤なヒガンバナ
神戸で見る実にいい光景だa0290706_18111891.jpg
(発信・窪田)
[PR]
by ikimonokaigi | 2012-09-26 18:12 | 植物