ブログトップ

神戸いきもの会議

ikimonokai.exblog.jp

ナンバンハコベ

六甲を歩いていたらナンバンハコベの花が咲いていた
花の近くにホオズキの実のような実ができていた
ナンバンハコベはハコベの仲間である
だのに実はとてつもなく大きく
熟れてくるとつるつるした黒色になる
ハコベにしたら変わっている
花も面白い形だ
「ナンバン」という名がすごくよく似合う花だ
花の形も名前も西洋から帰化したもののようだ
だが、これは在来の植物なのだ
神戸の野や山で見ることがあるナンバンハコベである

(投稿 窪田)a0290706_21325297.jpg
[PR]
by ikimonokaigi | 2012-10-04 21:33
<< ソメイヨシノの返り咲き オミナエシ >>